1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 3Dプリンター粉末
  4. 金属3Dプリンタ向け銅粉末

WORKS

実績紹介

3Dプリンター粉末 Cu・Cu合金

金属3Dプリンタ向け銅粉末

酸素量が少なく内部が緻密な当社粉末は、金属3Dプリンタに最適です。
純銅粉、銅合金共にEBM方式(電子ビーム)方式で使用実績があります。
ディスクアトマイズによる真球状粉末の特徴をご覧ください。

低酸素量

・実績値

粒度(μm) 酸素量(ppm)
-53 200以下
53-106 100以下

・表面の色(乾燥剤入りAl袋詰め、 冷暗所保管)


製造1年3ヶ月の表面状態です。
酸化による色の変化はほとんどありません。
綺麗な銅の色を保ったまま
造形を行うことが可能です。

真球に近い形状

他の製法に比べて真球に近いため、比表面積が少なく、
流動性が良い粉末となっております。

・形状

・流動性(φ5の漏斗を粉末50gが通過する時間)

粒度(μm) 流動性(s/50g)
-53 <5
53-106 <3.5

・実際に流れる様子

銅・銅合金のお問い合わせ

銅・銅合金粉末へのお問い合わせは、こちらからどうぞ。
銅合金粉末は、2元〜多元まで、ご希望に合わせて試作検討致します。

・Cu合金製造実績

  • Cu-Cr-Zr
  • CAC703
  • Cu-Bi-Sn
  • Cu-Al
  • Cu-Ga

上記にない物でも、試作検討致します。
お気軽にお問い合わせください。

 
 

実績紹介